『ヘッターラ』5G時代の電磁波対策は大丈夫?

den9.jp 2020-05-19 00:59

 

最近、スマホの裏に赤いステッカーを貼っている人をよく見かけたりするのではないでしょうか?この赤いステッカーは「ヘッターラ」と言います。ただ、おしゃれで貼っているのではなく、実はいろんな問題を解決してくれる優れものなのです!ではどんな問題を解決してくれるのでしょうか?いくつかに分けて記事を書いていきます。

「ヘッターラ」がすぐほしいという方はこちら!

 

「HETTARER(ヘッターラ)」

・充電の持ちがよくなる編

・5G時代に電磁波から身を守る編(今回の記事です)

・電話の電波がよくなる編

 


 

前回の記事で「ヘッターラ」がどうやって充電を長持ちさせるかという記事を書きました。(まだ読まれていない方はこちら)改めて簡単に説明すると、「ヘッターラ」が電化製品から出る電磁波を最大78%低減してくれるため、電化製品が持つ本来の性能を最大限生かしてくれるということです。電磁波の影響を受けるのは電化製品だけでなく人間も同じです。あなたは電磁波に対して何か対策はとっていますか?

 

目に見えない電磁波の影響は?

スマホや様々な電化製品が普及したことで私たちの生活は便利になりました。その一方で電化製品から出る電磁波の影響や健康への影響は実は解明されていないこともたくさんあるようです。つまり、かなり悪影響があるかもしれないというリスクを秘めているということです。そしていよいよ5G時代に突入し、さらに大量の通信が飛び交うようになってきます。あなたへの健康の影響は本当に大丈夫でしょうか?

電磁波(高周波)対策は自己判断でやるしかない

解明されていないことが多い中、イギリス、フランス、フィンランド、ドイツ、ロシアなどでは16歳以下の携帯電話の使用がすでに禁止、または使用すべきでないという勧告が出されているそうです。また、iPhone端末の「法令に基づく情報及び認証」欄では、「高周波」についての事項にRF(高周波)エネルギーへの曝露を減らすために、ハンズフリーオプション(内蔵スピーカーフォン、付属のヘッドフォン、その他の類似したアクセサリなど)を使用してください。と記載があります。つまり、すべてが解明されていない現状では自己判断で適切な電磁波(高周波)対策をとらなくてはいけないということです。

 

「ヘッターラ」で電磁波(高周波)対策

リスクがあることは理解できても、やはり便利なので距離をとることはなかなか難しい面があります。ここで「ヘッターラ」の出番ですね!冒頭にも書いたように「ヘッターラ」は電磁波(高周波)を最大78%低減してくれます。

第三者機関による電磁波(高周波)低減のエビデンスはこちらから

リスクを減らしつつも、今まで通りスマホを使えるというのは対策としてはなかなかアリなのではないでしょうか?

 

前の記事

充電が長持ちする赤いステッカーとは?

 

↑「ヘッターラ」の購入はこちらから↑