LED電球の選び方(色の見え方編)

den9.jp 2018-08-23 17:38

電球の種類によって色の見え方が違う?


ドライブをしているとき、トンネルに入ったとたん肌の色が今までと全然違って見えたという経験があるのではないでしょうか。このように同じ色のものでも照らす光が変わることによって見え方が変わってしまうことがあります。また、スーパーで食品やフルーツなどを照らしたときすごく鮮やかに見える光もあります。この色の見え方についてみていきましょう。

色の見え方とは何を基準にしているのか?


同じものを照らしたときに光によって色の見え方は異なります。では、色の見え方の良し悪しは何を基準として決まるのでしょうか。それは自然光です。対象物が太陽の光に照らされた時の見え方を基準にして、それに近い見え方を「良い」近くないものを「悪い」と言っています。この見え方は数値化されており演色評価数または演色性といいます。演色評価数は基準光で見た時を100とし、色ずれが大きくなるにしたがって数値が小さくなります。また、Raアールエー(平均演色評価数)という単位で表記されます。

電球の種類ごとの演色性


白熱電球、ハロゲンランプ Ra100

蛍光灯3波長タイプ      Ra84

蛍光灯通常タイプ     Ra70

水銀灯(ナイター照明)  Ra40

白熱電球やハロゲンランプはフィラメントを燃やして光を発する原理なので自然光になります。よって演色性は100(最大)となります。蛍光灯は種類によって演色性が異なります。光の3原色である赤・緑・青を重ね合わせると人工的にさまざまな色を作り出すことができます。この3色の比率が変われば、光の性質も変化することから、光の3原色を応用して開発されたのが3波長タイプの蛍光灯です。主にリビングのシーリングライトに使われている丸形の蛍光灯は3波長タイプになります。だから料理がおいしそうに見えるのですね。

LED化をするときの注意点


LEDはご存知の通り、寿命が長く消費電力が低いという圧倒的なメリットがあります。しかし、演色性という視点で見た時には注意が必要です。特に店舗や展示室などによく使われているスポットライトはハロゲンランプを使用していることが多く、LEDに替えると演色性が落ちてしまい、商品の見え方や印象が大きく変わってしまうことがあります。ハロゲンランプからの置換については高演色タイプのLEDを選択するか、プロに相談することをオススメします。また、業者によってはサンプルの貸し出しで色の見え方を確認させてもらえるところもあるようなので一度探してみてはいかがでしょうか。

 

結論


商品を照らしている照明については高演色タイプも選択肢に入れておく