LED電球の選び方(明るさ編)

den9.jp 2018-08-28 13:17

電球の明るい、暗いは何で決まる?


「このランプ明るいなぁ」「この部屋は暗いなぁ」など、人はよく明るい、暗いと表現します。でも、この明るい、暗いという基準は何で決まるのでしょうか?この「明るさ」について詳しくみていきましょう。

明るさを表す基準は全部で3つ


光における「明るさ」には3つの基準があります。

1.全光束(ルーメン)

2.照度(ルクス)

3.光度(カンデラ)

全光束とは、光源(電球など)がすべての方向に放出する光の量を数値化したものです。単位はlm(ルーメン)といい、数値が大きくなるほど明るい光源となります。ルーメンという単位があまり聞き慣れないのは、W(ワット)で電球を選ぶ人が多いからかもしれません。「60Wの電球〇〇円」や「40Wの蛍光灯〇〇本」といった表現が割と一般的ですね。W(ワット)はご存知の通り消費電力の単位で、以前は消費電力と明るさがほぼイコールであったため、こちらの表現で問題ありませんでしたが、最近では省エネタイプのものやLEDが出てきているため消費電力と明るさにズレが生じてきています。とはいってもまだまだW(ワット)の方が認知度があるため、LED電球のパッケージにも「60W形相当」などと表記はしてありますのでご安心を。続いて照度とは、光源によって照らされている面の明るさを数値化したもので、単位はlx(ルクス)といいます。全光束は「照らす側」の明るさに対して、照度は「照らされる側」の明るさの基準になるので、事務所のデスク面の明るさなどに用いられる単位となります。もしかしたら聞いたことがある方も多いかもしれませんね。また照度はJISによって基準が定められています。最後の光度とは、光源から出る光の強さを表し、ある特定の方向へ出ていく光束を数値化したもので、単位はcd(カンデラ)といいます。普段なんとなく使っている「明るい」「暗い」もすべて数値化されているということですね。

 

照度基準


先程も少し出てきましたが、照度はJIS(日本工業規格)によって基準が定められています。業種や職種の違いによってこれぐらいの明るさが必要になりますというような目安ですね。下記に業種や職種ごとの照度基準の表を載せてありますのでご参考に!

こんな形で基準が定められています。職場で暗く感じるところや事務所のデスク面をもう少し明るくしたいなど、気になるところがあれば照度基準を満たしているか確認してみるといいかもしれません。ざっくりした数字をつかみたいのであればスマホの照度測定のアプリで十分かもしれません。(実験してみた結果、通常の照度計とそれほど大きなズレはありませんでした笑)もう少ししっかり測りたいという方は業者に相談してみた方がいいと思います!

 

明るさを基準にLEDを選ぶには


光源の明るさを基準にする場合は何W形のランプなのか、何ルーメンのランプなのかパッケージに記載してある情報をもとに購入するのがいいと思います。照度を基準にする場合は天井の高さや光源までの距離によっても変わるため、照度測定とともにプロに相談してみてはいかがでしょうか。